TOEICを攻略するために

時間が無い場合のTOEIC対策

時間が無い場合のTOEIC対策

TOEICのスコアを向上させようとしても、なかなかまとまった時間を取ることが難しい、という人が多いのではないでしょうか。
TOEICは英語の資格の中においても、特定の点数以上であるのならば資格に合格する、というものではなく、スコアにより英語の能力を測定することになります。
このため、勉強をすればするほど、スコアを向上させ、そして英語の能力を認められることになるのです。
しかし、最初の檀家においては、ちょっと学習することにより、スコアをどんどん向上させることが可能ですが、600を超えたあたりから、スコアを100伸ばすだけでも大きな時間を費やさなければならなくなります。
学習時間を短縮させるためには、机に向かって学習をする時間を出来る限り減少させることです。
そのためには、CDを利用した学習が有効です。
TOEICはある程度に学習が進むと、残りの対策はリスニングと長文を読む速度となります。
このふたつを向上させるためには、たくさんの文章を聴くことが有効なのです。
一度学習した文章をCDにより何十回も聴くことにより、文章の内容を血肉に変えることができます。
隙間時間に何度も復習することで、机に向かう時間を最小限にしながら、スコアを向上させることが可能になります。

TOEIC対策の参考書の使い方

TOEIC対策の為に参考書を使うためには、文法と英語の文章の読解についてのものを何度も復習することが大切になります。
TOEICは問題の量が多く、また文章の量も多いのです。
これを制限時間内に全て読み、そして解くためには、素早い解答力が必要となります。
問題を解くスピードを向上させるためには、身につけた知識をどれだけ早くアウトプットすることができるのか、ということが大切になります。
アウトプットを早くするために必要なのは、身につけた知識をどれだけ素早く取り出せるか、という訓練を行うことです。
具体的には、文法の参考書を何度も復習することになります。
同じ問題を何度も行い、そして復習するたびにそのスピードを向上させていきます。
こうすることにより、勉強した知識を実践で活かすことが可能となるのです。
また復習の回数は最低でも十回は必要です。
リーディング力を身につける場合にも、長文の復習が必要です。
長文の場合には、CDが付いている参考書を利用します。
基本的には学習の際には長文を読み、復習は全てCDを聴くことですませます。
何十回も聴き続けることで、リーディングに必要な単語や文法、構文の知識を身につけることができ、またリスニングの対策にもなります。

『TOEIC 参考書』 最新ツイート

@englishtubuyaki

こっちはTOEICの参考書ランキングだね! https://t.co/Dhd1fBq5YY

30分前 - 2016年08月27日


@freemysoul2020

自分は自分が行ってきた英語の勉強法がスタイルになっていると思う。TOEICを手取り早く点数上げたければ、PART5をやりまくれば瞬間風速的には点数があがるはず。でも自分は文法参考書から始めた。

44分前 - 2016年08月27日