TOEICを攻略するために

TOEICの構成とコツについて

TOEICの構成とコツについて

受験や就職に役立つとして、今注目の英語力判定試験があります。
それが、TOEICです。
TOEICは、世界基準の英語力を判定する試験であり、日本国内でも広く活用されています。
現在では、大学入試の際や就職、転職などにも大変役立つ試験として、多くの人がチャレンジしているのです。
そこで、TOEICで効率的に良い点数を取得するコツについて紹介します。
最も重要なコツは、試験の構成を熟知しておくことです。
試験で問われる問題の構成を予め理解しておくことで、スムーズに問題を解いていくことができます。
まず最初の問題は、リスニング問題です。
写真を使ったり、文章から答えを得る問題などが並んでいます。
次に、リーディングテストに入ります。
なるべく素早く問題を理解することで、時間を短縮しながら答えを導くことができます。
そして最後に、長文の問題になります。
丁寧に全文を読むと時間が足らなくなってしまうため、質問の欄から先に目を通しておくことが重要なコツになります。

TOEICの採点方法について

TOEICは、1問につき5点という設定で配点されていますが、この配点は変動するのをご存知でしょうか。
TOEICの採点方法は、相対評価システムと問題の質を高レベルにキープするシステムが採用されており、平均点が基準になって点数配分が行われます。
つまり、受験した人の正答率をもとに分析された質が悪い問題は、テストの問題から排除されるのです。
そうなると、その問題が持つ価値は0とみなされますから、その問題は点数が0点になります。
この採点方法が採用されることで、TOEICの問題には0点の問題が存在することになります。
裏を返せば、もしテスト中に答えるのが難しい問題に直面した場合でも、その問題は0点である可能性があることを意味します。
仮にそうだとしたら、いつまでも答えに悩むことはせずに、マークをどれかに付けてすばやく次の問題を解いていった方が効率的です。
悩んでしまう問題には時間をかけずに次に進むようにすれば、時間の短縮にもなって問題を解ききることにつながります。

おすすめWEBサイト 5選

牡蠣の通販
https://www.kitayoshisuisan.co.jp/

2016/10/27 更新

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>