TOEICを攻略するために

TOEICと成績について

TOEICと成績について

グローバル化が進む日本において、採用時にTOEICの成績を求める企業が増えています。
TOEICは、英語でのコミュニケション能力を判定するための世界共通の試験のことで、高い英語力が求められる外資系企業をはじめ、様々な企業で英語力をはかるために用いられています。
TOEICは、「リスニング」「リーディング」の2つで構成されており、すべてマークシート形式となっています。
テスト自体はすべて英文で構成されており、英文を日本語に直したり、日本語を英訳するというような問題はありません。
また、TOEICの大きな特徴として、一般的な試験のような「合格」「不合格」という判定ではなく、10点から990点までの成績で結果が出ることが挙げられます。
この成績を見ることで、自分自身の英語力がどのくらいであるのかが判明します。
英語力に変化がない限り成績も変わらないため、自分自身の現状の英語力を正確に把握することが出来ます。

TOEICの正答率をあげる勉強方法

TOEICの正答率を上げる一番の勉強方法は、過去問を数多くこなすことです。
ごく当たり前のことのようですが、単語力や文法力を問うセクションでは、過去にでた問題と類似のものが出ることがほとんどです。
やり方としては、TOEICは2006年にリニューアルを行っていますので、それ以降の年度の問題を次々とこなしていくのがいいでしょう。
間違えた箇所をチェックして、繰り返しやると効果的です。
リスニングパートの正答率を上げるためにも、やはり過去問に取り組むことが大切です。
リスニングの得意な人でも、TOEICの質問方式にとまどい、テスト本番であわててしまうことがあります。
まずは、過去問で問題パターンを把握しておけば安心です。
聞き取れない部分は、何度か繰り返して苦手箇所を自分のモノにしてしまいましょう。
また、リーディングパートも、過去に出た長文に目を通し、出題傾向を頭に入れておきましょう。
どのようなタイプの英文がTOEICに出てくるのか、普段から意識して英語に接することが大切です。

pickup

幼児教育をする
https://www.hegl.co.jp/

最終更新日:2016/9/7

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>